善き人のためのソナタ

初公開年月 2007/02/10 監督・脚本  フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 撮影  ハーゲン・ボグダンスキー 音楽 ガブリエル・ヤレド ステファン・ムーシャ ウルリッヒ・ミューエ  ヴィースラー大尉 マルティナ・ゲデック  クリスタ=マリア・ジーラント セバスチャン・コッホ  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハスラー(その3)

やっと手に入ったスペシャルエディション!やはり主演のポール・ニューマンの後日談を聞けるのは貴重であった。おまけ部分について大満足である。 彼の関連作品を改めて知ることができるし、“あのショット”も採録。ポール・ニューマンの人間性も深く掘り下げる形になっているのだ。 ところで… 引っ張ってきた「ハスラー」というお題であるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハスラー(その2)

今でこそ聞かなくなったが“ハスラー”という言葉を、球撞く人間全般に対して使っている方いましたね…。 「趣味はビリヤードなんですよ」「おっ!ハスラーだね!」 えー、実は意味的にとっても間違っています。 “HUSTLER”という言葉の語源は、“HUSTLE”( 元気よくやる、張り切ること)が語源という説が有力らしいが、本国…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ハスラー

初公開年月 1962年6月 監督: ロバート・ロッセン 製作: ロバート・ロッセン 原作: ウォルター・テヴィス 脚本: ロバート・ロッセン     シドニー・キャロル 撮影: ユージン・シャフタン 音楽: ケニヨン・ホプキンス   出演: ポール・ニューマン …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

トゥモロー・ワールド

初公開年月  2006年11月18日 監督: アルフォンソ・キュアロン 原作: P・D・ジェイムズ 脚本: アルフォンソ・キュアロン     ティモシー・J・セクストン 撮影: エマニュエル・ルベツキ 出演: クライヴ・オーウェン セオ・ファロン ジュリアン・ムーア ジュリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カッコーの巣の上で

久々に観たジャック・ニコルソンの代表作。監督は「アマデウス」のミロス・フォアマンだが、両作ともその年の主要なオスカーを受賞している。 精神病棟を舞台とした作品であり、テーマ性が強い。今回、約10年ぶりに観て感じたことがあった。 この映画の舞台、病院は、我々の置かれた環境と類似している。 いきなり核心なので失笑さえ覚える…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

道 その2

人間という存在の“悲しさ”を表した映画として名高い「道」。 ザンパノを人間として許せないという輩は多いと思うが、自己愛ゆえに他人を不幸にするという行為は、ある意味生物として当然の行為であると思われる。 しかし、その行為を嫌悪の対象として認識できるのは人間だけであり、だからこそその行為を避けたいと思えるのだろう。 現在の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1957年 監督: フェデリコ・フェリーニ 出演: アンソニー・クイン     ジュリエッタ・マシーナ フェリーニの「道」を観るのは実のところ今回が2度目。初見は15年ほど過去のことだったと 記憶している。強烈な印象を残してはいるものの、その記憶は銀河の彼方へと旅立ってしまっており、お蔭でまったく先入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッドナイトラン

初公開年月 1988/12 監督: マーティン・ブレスト  製作: マーティン・ブレスト  製作総指揮: ウィリアム・S・ギルモア 脚本: ジョージ・ギャロ  撮影: ドナルド・ソーリン 音楽: ダニー・エルフマン 出演: ロバート・デ・ニーロ      チャールズ・グローディン      ヤフェット・コ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ポセイドンアドベンチャー

公開年月 1973/03 監督: ロナルド・ニーム 製作: アーウィン・アレン 原作: ポール・ギャリコ 脚本: スターリング・シリファント     ウェンデル・メイズ 出演: ジーン・ハックマン     アーネスト・ボーグナイン     レッド・バトンズ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬神家の一族

公開年月 1976年10月16日 監督: 市川崑 製作: 角川春樹      市川喜一 出演: 石坂浩二      高峰三枝子      三条美紀      草笛光子      あおい輝彦      地井武男 その他 「カジ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

007 カジノ・ロワイヤル

監督: マーティン・キャンベル 製作: バーバラ・ブロッコリ     マイケル・G・ウィルソン 脚本: ニール・パーヴィス     ロバート・ウェイド     ポール・ハギス   出演: ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド   …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

カジノ・ロワイヤル あさってだ!

ボンドフリークの皆さん、いかがお過ごしでしょうか。もう観られた方、公開日をひたすら待つ方、ヤフオクで試写会招待状を落札してしまった方、いろいろおられると思いますが、 ここで問う!貴方にとってのブロフェルドは? 過去の作品で、モロに顔出し、いやむしろ自ら最前線といってよい活躍をしたブロフェルドは3人ばかしおられますな。要するに…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

カジノロワイヤル あと1週間!

いよいよですな、カジノロワイヤル!嫌が応にも期待が高まる一方ですが、テレビCMやトレーラーを拝見するうえで個人的な(?)が出て参りました。既に観られた方、書き込み下さい。 まずダニエル・クレイグボンドの使用している銃。 サイレンサーの付いたゴツいその銃はワルサーP99なの? だとしたら原作で明言されている部分、「ロシア…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

007を憂う③

ジェームズ・ボンド… その甘味な響きは、ショーン・コネリーボンドを把握している古参ファンほど、強く惹きつけられる。 ボンドというキャラクターが映画の中で確立する上で無くてはならないのが、非情さを要求される仕事内容からくる野卑さと、それを覆い隠す所作の優雅さであろう。ショーン・コネリーが原作者のイアン・フレミングから不評であっ…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

ホテル・ルワンダ

 久々に心に残る映画を観てしまったので、今回は予定変更。 初公開年月 2006/01/14 監督: テリー・ジョージ 脚本: テリー・ジョージ      ケア・ピアソン 出演: ドン・チードル     ソフィー・オコネドー     ホアキン・フェニックス     ニック・ノル…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

007を憂う②

 自分は決して、新しい冒険をするなと言っているわけではない。しかし、シリーズものには必ず一貫性が必要であり、その要素こそがシリーズものたらしめていることは、誰しも否定できないはずである。それがいわゆる"様式美"といっていいのではないだろうか。 007シリーズの"様式美"には数々の要素が考えられるが、前回に引き続き"悪化"していると…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

007を憂う①

物心着いた頃、初めて親に連れて行かれた映画が007シリーズの「ゴールドフィンガー」であった自分にとって、このシリーズは筆舌に尽くせぬ思い入れがある。 タキシードを粋に着こなし、美女とともにマティーニを啜る。ロケーションは無論、庶民には縁のない高級カジノ…それだけなら単なる成金親父にすぎないが、彼=ボンドは世界を危機に陥れる悪事を阻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファントム・オブ・パラダイス

初公開年月 1975年5月 監督: ブライアン・デ・パルマ  製作: エドワード・R・プレスマン  脚本: ブライアン・デ・パルマ 撮影: ラリー・パイザー  美術: ジャック・フィスク  音楽: ポール・ウィリアムズ  ジョージ・アリソン・ティプトン    出演: ポール・ウイリアムス  …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

セント・オブ・ウーマン/夢の香り

公開年月日1993/04 監督: マーティン・ブレスト 製作: マーティン・ブレスト 製作総指揮: ロナルド・L・シュワリー 脚本: ボー・ゴールドマン  撮影: ドナルド・E・ソーリン  音楽: トーマス・ニューマン 出演: アル・パチーノ      クリス・オドネル      ジェームズ・レブホ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more